精霊法士トチノキッド「ホーリキWeb」

精霊巫女いろは

精霊巫女いろは

かつて精霊法士見習いとしてトチノキッドと共に修行をしていた巫女。

一人で戦うトチノキッドを助ける為、精霊巫女として戻ってきた。

まだまだトチノキッド程の超能力は使えないが、なぜか、人並み外れた怪力・馬鹿力を持っている。

日光市出身で、人間界での本名は「坂上(さかがみ)いろは」

いろは(修行時代)

いろは(修行時代)

トチノキッドと共に日光で修行をしていた頃のいろは。

ある日、街で、普通の人間には見えないはずのセーレイ族とジャレイ族の戦いを目撃。

それがきっかけとなり、ホーリキ使いになる。

いろはのロッド

いろはのロッド

いろはに与えられたホーリキ使いの杖。

先端の水晶からホーリキ弾を発射することができる。

いろはが人間界に帰っていた数年間はトチノキッドが所持していた。